広島市空港通り【オズ動物病院】哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、各種予防、一般的手術、一般診療、エキゾチックアニマルの診察も対応いたします。病気を早期発見するための“健康診断”の更に一歩先にある病気にならないための“先制医療”を目指します。

フクロモモンガの診療について

  • ホーム »
  • フクロモモンガの診療について
フクロモモンガ

動物病院で見られるフクロモモンガで多い病気を記載いたします。
参考にしてください。

フクロモモンガ
1 自咬症

フクロモモンガは自咬を始めるとずっと噛み続けます。哺乳類ですので、再生することももちろんありませんし、たとえば肛門や尿道を噛んでしまうと、排泄物で汚れて傷が綺麗にならないどころか排泄物が出せなければ当然死んでしまいます。 やめさせることはできませんので、物理的に噛めないようにしてあげる必要があります。

2 代謝性骨疾患

フクロモモンガの食餌は、ある程度バラエティに富んでいる必要があります。 果物ばかりや虫ばかりを与えていると、カルシウムの不足から代謝性骨疾患におちいったり、カルシウムに気をつけてい ても他の栄養素が足りなければ発育不全を起こしてしまうことがあります。

3 頭頂部脱毛

フクロモモンガのオスでは、性ホルモンの関係でおデコにまるく脱毛が起きます。皮膚に異常がある場合でももちろん同じような症状が見られますが、皮膚検査で異常がない場合はホルモン性のことが多いです。毛を生やすには、去勢手術を行ないます。

▲ページトップに戻る

オズ動物病院ロゴ

診療時間 日・祝
09:00~12:30
16:00~19:30

★…14:30~17:00

休診日 火曜日

082-296-5250

〒733-0035
広島県広島市西区南観音7丁目13-16

→GoogleMap

駐車場3台完備

電車でのアクセス 広島電鉄・江波線「舟入南町」駅より 徒歩約13分

バスでのアクセス 広島電鉄バス・3番「マリーナホップ」「広島ヘリポート」行 「南観音七丁目」停留所下車・徒歩約3分 広島バス・50番「アルパーク」行 「観音新町一丁目」停留所下車・徒歩約2分 広島バス・50番「御幸橋」「広島駅」行 「観音新町二丁目」停留所下車・徒歩約3分

PAGETOP
Copyright © 2018 オズ動物病院 All Rights Reserved.